ショップ修理ではどこまで直せる?

突然の故障でも大丈夫、iPhone修理はここまで直せる

つい手が滑ってiPhoneを地面にガシャン!水の中にドボン!なんて経験ありませんか。その他いきなり電源が入らなくなったり、液晶が割れたりなどiPhoneのトラブルは意外と多いものです。iPhoneの修理の持込先は正規店と非正規店の2種類があります。正規店に修理を出す場合、iPhone購入時に保険に加入している場合は無料または割安料金で修理が可能です。しかし、故障の状態によっては新品交換になるので今までのデータは全て消えてしまいます。もちろんiPhoneは新品ですので全てが正常に作動します。次に非正規店に修理を出す場合、多くは格安で修理が可能のようです。ではどこまで直せるのでしょうか。ショップによって多少の違いはあるものの、iPhoneの画面割れ、水没は修理が可能のところがほとんどです。また場合によってはデータを残せるようです。ただし電子基板が損傷している場合は修理ができない場合が多いです。

非正規店での修理のメリットとデメリット

非正規店で修理をしてもらう場合のメリットは、正規店よりも安く修理ができ、だいたいの破損や故障に対応できるという事と、短期間または短時間での修理が可能という点があります。正規店へ修理を出した場合、手元に戻ってくるまでにおおよそ一週間ほど時間を要しますが、非正規店では即日引渡しも可能の場合もあります。またショップによっては格安での修理が可能のところがあるようです。逆に非正規店で修理をしてもらう場合のデメリットは、正規のメーカー保証の対象から外れてしまう可能性があるという事です。非正規にiPhoneを分解する行為が保証対象外なのです。もしiPhoneの保証期間が残っている場合は注意が必要です。また修理後の保証はショップによって違いがあるので確認が必要です。今では手放せないiPhone。突然の故障はできるだけ安く、早く直したいですね。

新しい携帯電話を購入することは、とてもお金がかかることです。そこで、iphone6sのバッテリー 交換を行えば安くすみます